寺宝~安産・子安地蔵

明治6年、同じ村にあった真言宗「養福寺」の廃寺により、その寺の地蔵菩薩を始めとする仏像は当山に引き渡され、地蔵堂に安置されています。
この地蔵菩薩は、室町時代に活躍した、奈良の宿院仏師の作であり、今でも「安産・子安地蔵」として地元はもちろん、遠方よりお参りに来られています。

お問い合わせ